心の病気でも加入可能

グラフを見せる男

うつ病治療中であっても加入することができる医療保険や終身保険があります。 通常、うつ病を始めとする既往症がある場合には、医療保険や終身保険への加入が難しくなっていますが、最近ではうつ病の方でも加入できる保険が増えてきています。 うつ病の場合には既往症であることから通院が長引いたり、症状が重い場合には入院の必要性も出てきてしまうものなので、いざというときに備えて保険に加入しておきたいという方も少なくありません。しかしながら、今まではこのような症状を持つ方にはなかなか敷居が高かった医療保険でも病気の認知が高まることによって加入できる保険が増えてきました。保険の加入については引受基準緩和型に該当します。

「うつ病」という病名は誰もが1度は耳にしたことがあるのではないででしょうか。最近では、うつ病患者が増加傾向にあります。誰もが発病してもおかしくない病気を前もって知っておくことは、非常に大切だと思います。 うつ病は「がん保険」のような特別な保険制度はありません。うつ病は完治するまでにとても時間がかかるのですが、特別な保険はなく、普通の診療扱いなのです。つまり社会保険や国民健康保険を適用するということです。まず初診では薬代も含めて約1万円かかり、治療費は1回で約5000円、薬代は1週間で約4000円です。もちろん病状の重さで薬代や通院回数は変わってきますが、結構な経済的負担になるでしょう。 誰もが発病しても不思議ではない病気について、前もって知識は入れておきましょう。